← 興味あるカテゴリーを選ぼう →

世界遺産「トロルの舌」を沖縄県石垣島の山頂に発見、南国の絶景に興奮!


 

DSCF2981

沖縄県の石垣島にあの「トロルの舌」と同じ様な奇岩があるというので行ってきました。沖縄でもっとも南に位置する八重山諸島の中で一番人口が多く、島々の玄関口石垣島。ジャングルあり珊瑚あり満点の星空ありと陸海空全てにおいて観光資源がいっぱいのここ八重山諸島はたくさんの南国大好き観光客が訪れています。その石垣島の北西に位置する「屋良部岳」が今回紹介する石垣版トロルの舌のある所です。

 

本場ノルウェーのトロルの舌とは

トロルトゥンガ(Trolltunga、トロールの舌)は、ノルウェーホルダラン県オッダの町の北東にあるダム湖(the lake Ringedalsvatnet)[1]の北側の高さ約700メートルの山の崖から水平に突き出た岩塊である。登山は、およそ900メートルの高低差と往復22キロメートルの道のりで、8から10時間を要する。1日につき最高500人の登山客が訪れ、コースと奇岩への人気は近年増加している

米国のインターネット誌は、自分撮りを撮影することができる世界一の印象的な場所と発表した。1024px-Trolltunga_2

wikipediaより

アクセスの仕方

石垣島の市街地から車で現地まで約30分。有名な観光スポット「川平湾」を目指し途中景勝地「御神崎」方面のわき道へ入ります。目印は「崎枝中学校」。正面に中学校の正門まで来ると左に行く道があります。それを入ってすぐに右に曲がります。あとは一本道。

 

DSCF2961

DSCF2962

DSCF2965

DSCF2963DSCF2966

数分間少しずつ上り傾斜し、一度下ったら再び坂道を登ります。すると木立の途切れた所から一瞬右斜め前方山頂に奇岩が現れます。少し進むとガードレールがありその端に手作り看板がありました。

本場のトロルの舌は登山で7~8時間。こちらはとてもラッキーで7~8分です。屋良部岳の標高は「216.5m」。すでに車で150mほど登っているので残り70m。それでは登っていきましょう。

DSCF2968

DSCF2977

傾斜は想像以上にきつくサンダルやスリッパではとても危険です。スニーカーで登りましょう。亜熱帯ジャングル特有のシダ類の木々を見ながらただひたすら頂上を目指します。すると突然視界が広がりました。

DSCF3020

ほんの一部の観光客しか知らない穴場スポットなので行きかう人はゼロ。頂上も誰一人いませんでした。

DSCF2983DSCF2998

石垣版トロルの舌の先は、本場の数百メートルの絶壁ではなく数メートルですが、岩に立って見える景色は標高216mの先端からの絶景。柵も何も無いので気分は絶壁の突端に立ってる気分です。高所恐怖症気味の私は撮影中半分は目を閉じておりました。

DSCF3021DSCF3029

 

ふるさと納税なら「ふるさとプレミアム」
今日の記事いかがでしたか? いいね!の変わりにクリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ

 
PAGE TOP