← 興味あるカテゴリーを選ぼう →

下地島空港旅客ターミナル施設名称決定!「みやこ下地島空港ターミナル」~ロゴ・店舗概要なども決まりました


 

沖縄UDS株式会社のプレスリリースからの情報です。
(以下抜粋)


下地島エアポートマネジメント株式会社は、三菱地所株式会社が沖縄県宮古島市で施設整備を進めている下地島空港旅客ターミナルについて、ロゴ・施設名称および店舗概要を決定するとともに、沖縄UDS株式会社を飲食施設の運営者として選定しました。

ロゴは地元宮古島市内のデザイン事務所「DESIGN MATCH」が中心となって創作。

宮古の美しい海と活きた珊瑚がモチーフで、将来への継承の想いが込められています。

ターミナル施設の名称は「宮古空港に次ぐ宮古の第二の空の玄関口」という意味を込め、親しみやすい「みやこ下地島空港ターミナル」とし、今後更なるターミナル施設の認知拡大を図っていきます。


(下地島空港旅客ターミナル施設ロゴ)

下地島空港の位置する宮古諸島は、豊かな自然を背景に、野菜、果物、肉類、魚介類など数多くの食材の産地であり、観光等で訪れる旅行者を魅了しています。

下地島空港旅客ターミナル施設では、保安検査通過後の搭乗待合スペースに地域食材を使った料理を提供するカフェ等「coral port LOUNGE」をラウンジ棟に設置し、旅の終わりまで宮古諸島の食を楽しめる空間を提供します。

また、到着口付近には同じく地域食材を使ったカフェを通じて旅の始まりから地域の食を楽しみたい旅行者のニーズに応えるとともに、飛行機を利用しない地元の方や観光客にも気軽に立ち寄っていただける飲食店を設けます。

これら飲食機能については、宮古島でのホテル運営を通じて地元生産者や地域と繋がり、地元食材を使用したメニュー考案の豊富な実績を持つ沖縄UDSに運営を委託することで、生産者や島の魅力を伝え、地元の食文化を発信する場として地域活性化への貢献も目指します。


(「coral port LOUNGE」完成予想CG)


(飲食メニュー イメージ)

■下地島エアポートマネジメント株式会社について

三菱地所株式会社が下地島空港旅客ターミナル施設の運営を目的として設立。

「空港から、リゾート、はじまる。」をコンセプトに、空港に到着した瞬間からリゾート体験を感じられる空間づくりを目指し、 2019年3月30日の開業に向けて準備を進めています。

国内およびアジア地域を中心に航空路線の誘致活動を進め、国内屈指のリゾート地として人気の高い宮古諸島に国際線機能を整備し、国際的なリゾート地への更なる成長に貢献していきます。

宮古島東海岸プロジェクト / 沖縄県宮古島市城辺

宮古島市の東海岸エリアにおいて、進行中のホテル計画です。

このエリアは周囲を丘に囲まれ手つかずの自然が残るプライベートリゾート感溢れる立地、日常から離れ、自分自身や家族やパートナーと向き合う時間を大切にしたいと考えるお客様のために、宮古島の中でもここでしか見る事のできない風景や時間の流れ、食、文化の体験を提供してまいります。

(2018/10/31)

他の沖縄のニュースやお知らせをみる

ふるさと納税なら「ふるさとプレミアム」
今日の記事いかがでしたか? いいね!の変わりにクリックお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 石垣(市)・石垣島情報へ

 

PAGE TOP